MacBook Airを購入、そしてExcel/Numbers問題の発生。

ガジェット
スポンサーリンク

とうとう買ってしまいましたがな。

スポンサーリンク

「どこでも仕事」にはやはりラップトップが必要。

2018年10月に発表されて以来、ずぅっと欲しかったMacBook Air。

その時点で退職することは決めており、そこからの人生では「どこでも仕事」というのを一つのキーワードにしたいと思っておりましたので、そうなるとやはりラップトップは必須ではなかろうかと。

こちらの記事でも書いたように、私の据置き愛機はiMacであり、そうなると連携の観点から(他にも携帯はiPhoneだしiPad mini4も持ってますし)ラップトップもMacにするかーと考えておりました。

対抗馬はMacBook 12インチ とiPad Pro 12.9インチ。

MacBookは何と言っても0.92kgという軽さが魅力。

店頭で手にしてもらえればわかりますが「軽っっ!」となる軽さです。
反面12インチという画面の狭さが気になるところですが、これはもうポータビリティ性とトレードオフなのでどちらを重視するか、というところですね。

iPad Pro 12.9インチの魅力はその「未来感」でしょうか。

そもそもiPadというプロダクトが好きで過去何回も買い替えながら愛用しているっていうのもありますが、新しいカテゴリで新しい仕事の仕方を提案してくれている感じがとても魅力的に映ります。

正直先代の12.9インチはiPadとしてはちょっと大きすぎるなと感じていたのですが、今回のモデルは店頭で触った時に「軽いしこれぐらい大きいとコンテンツビューワとして魅力的じゃん!」と素直に感じ、直感的に「これ欲しいな」と思わされました。

気になる点としてはキーボードを装着すると結局そんなに軽くないところといくらマルチタスクができるとは言えあくまでiOSなのでmacOSの操作感を求めると違和感があるところでしょうか。

で、結局MacBook Airを選択したわけですが。

選んだポイントとしては、まずMacBook 12インチ より画面が大きいのと電池持ちもよくCPUパフォーマンスも良さそうという点が少々重いデメリットを超えてきました。

また、iPad Pro 12.9インチ は直感的に本当に欲しいのですが、限られた予算の中であくまで今回は「ラップトップでの仕事」という点に重きを置くとちょっと違うかなと思いまして、MacBook Airに落ち着きました。

色はゴールド。ゴールドが好きです。
(iPhoneもiPad miniもゴールドです)

化粧箱も美しいですね。

この写真は黄色めのゴールドっぽく写ってますが実物はもっと赤っぽいです。

こちらの写真の色味の方が実物に近い感じ。

同梱されているりんごシールも同じゴールドです。
めちゃくちゃステキです。

Numbersを使うかExcelを導入するか。

ハードとしてのMacBook AIrはいい意味で想定通り、とてもサクサク動かせて無駄にずっと触っていたくなる、そんな名機の予感がします。

でまぁちょろちょろ動かしていて、アップル謹製のNumbersってやつをとうとう初めて使ってみたわけです。

これまでは仕事もプライベートもExcel一筋でやってきて(iMacでもParallelsでWindows走らせてExcelを使っていますし)、Macユーザにも関わらずNumbersには縁がありませんでした。

使ってみた第一印象は「使いにくい」だったわけですが、これはExcelの操作感に慣れすぎてしまっているからで、Excelでもリボンが導入された当初は「使いにくい〜あの機能はどこ〜??」と彷徨ったものの今では何の問題もないことから慣れれば操作感は問題なくなると考えています。

あとは機能面でピボットテーブルが使えないとかマクロが使えないとかやや劣る面があるのは否めないのですが、じゃあお金を払ってまでExcelに拘る必要があるのかというところを熟考しました。

Mac版の買い切りは2万3千円程度。
(なんかAmazonの評価低いですねw)

もし今流行りのサブスクリプションにするなら年間約1万2千円。

どちらにしろ安くはないですね。

で色々と考えた結果Numbersを使ってみようとなったわけですが、ポイントを整理すると以下のようになった帰結で。

・既設のiMacに導入すれば無料で簡単に連携できる。
・iPhoneやiPadとも簡単に連携できる。

・Excel環境は買い切りの2007(Windows版)を持っており(新機能を求めなければ)将来にわたりそのまま使用できる。
・サブスクリプションの365でExcelを導入し私有のApple全デバイスで連携するとした場合、既存のWindows版Excelが孤立してしまう。

やはり大きなポイントは「デバイス間連携」ということになります。

NumbersはさすがApple謹製。
何の意識をすることもなくApple製デバイス間でスムーズに連携してくれます。

ただ1点、既設のiMacはEl CapitanのままだとNumbersをインストールできないため、OSをHigh Sierraにする必要がありました。
そしてこれがこちらの記事に繋がるわけです。

これでNumbersの作業をどこでもどのデバイスでも実施できます。

一方でExcelで連携させようとした場合、サブスクリプションの導入が必要となりコストがかかります。
加えて、現在iMac上のParallelsで走らせているWindows版Excel2007はその連携の和に入ることができません。
どうしてもExcelである必要があるのって外部とやりとりする時だと思うんですが、その時のExcelって普通Windows版なわけで。
そういう意味から「Windows版のExcel」を有していることには一定の意味があります。

つまりExcelの全デバイス導入を図るならこのWindows版も置き換えて連携をする必要があります。

これは本当に直感的になのですが、
「MacとWindowsを跨いでExcelで全デバイス連携させる」より、
「Numbersで全デバイス連携させ、Excelが必要なときは既存の2007をスタンドアロンとして使う」の方がスッキリしているように感じたんですよね。

そしてその方がコストもかからないし。(深層心理的にはこれが大きいのかも…)

新しい環境に飛び込んでいくわけですから、ここらでNumbersも使えるようになっておくと(もちろんExcelの精進も続けていきますが)より楽しいんじゃないかなっていうポジティブシンキングで最終的には納得感を得ました。

今のところExcelである必要があるのは家計管理(というか支出管理)をこちらの記事を参考にピボットテーブルを使って実施している部分。

エクセル家計簿は簡単に自作できる!その作り方を丁寧に解説します
僕が自作のエクセル家計簿を使いはじめて今年で6年目になりました。 超がつくほど飽きっぽい性格の僕ですが、自分で…

これは気に入っているので引き続き実施していきますが、まぁ全デバイスで扱える必要があるかっていうとそうでもないのかなと。
てことでこれはスタンドアロンでも問題ないと考え引き続き現構成のExcelで扱い続けることとし、当面はNumbers/Excelの両輪で回していこうと思っています。

いわゆる「表計算ソフト」はキングExcelが絶対的存在で、そこにNumbersが少〜し存在している程度、加えて最近ではGoogleスプレッドシートが急速に評価を高めてきている…というような勢力図だと思うのですが、保守的な考えに囚われることなく色々新しいものも試していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました